お薦めコピー機

コピー機のレンタルを行う場合、まず会社や個人でどのような使い方をするのかを、考えておかなければなりません。コピー機は、様々なメーカーで価格の高い機種から安価な機種までありますが、レンタルの場合基本的に高い機種は、高いレンタル料を支払わなければならないからです。

ポイントコピー機選定のポイントとしては、複写印刷をモノクロで行うのかカラーで行うのかが一つのポイントです。モノクロタイプは、比較的安価でカラータイプは高価なのが通常です。また、特におすすめしたいのは、複合機能を持つコピー機で、プリンター機能やスキャナ機能、またファックスなどの機能は、業務をスムーズに推し進めてくれることでしょう。レンタルの良さは、短期間でも貸し出してもらえるというところにあり、1日でもレンタルが可能です。

同じ貸出システムを持つリースの場合、長期間でなければならないことが多く、審査も厳しくなります。レンタルは、必要に応じて借りることができ、大きなコピー機の場合でも電話やメール一つで会社や個人宅に運んでもらえます。コピー印刷の頻度にもよりますが、コンビニやコピーサービスにいちいち足を運ばなくとも利用できますので、時間の浪費やコストの削減にもつながるというわけです。

コピー機と複合機

本来コピー機とされるものは、複写機能だけを持ち合わせた機器や機械を示すもので、当初はモノクロだけしか複写することはできませんでした。しかし現在、コピー機は様々な進化や発展を遂げ、より高性能になっていたのです。複写技術の向上で、コピーの原本とほとんど変わらない複写技術が可能となり、よりきれいなコピーを可能としました。

コピー機またコピー機は様々な進化を遂げ、複合機として活躍することになります。複合機とは、本来複写機能だけを持つコピー機に対し、そのほかの機能が付与された機器のことを言います。特に企業などの、オフィスで使う種類のコピー機は、複合的な要素の含んだ複合機を使った方が、より効率的に業務が行えるのです。複合機の種類には、メーカーによってさまざまな機種が登場していますが、本来持つコピー機能のほか、プリンター、スキャナ、ファックスなどの機能を持つ場合が多いようです。

現在はデジタル技術の向上によって、ネットワークプリンターとして、社内のパソコンと共有して使用できるメリットも大きく、タッチパネルによる簡易操作で、指先ひとつで拡大縮小を始め、デジタルの強みとして大量の資料を作成できるために世界中で大きく普及してきました。

コピー機のレンタル

レンタルとは、コピー機などの機器や機械を契約により、貸し出すシステムのことを言います。契約により貸し出すシステムには、リースもありますが、リース契約は特定の顧客に対し長期的に貸し出すのに対し、レンタルは不特定多数の顧客に対し、短期間に貸し出すという大きな違いがあります。

レンタルレンタルの大きなメリットは、短期間に貸し出してもらえるということにつき、必要な時期や期間に限定してコピー機などを借りることができます。リース同様に、レンタル料には保守サービスが含まれていることが多く、通常業務における危機管理やメンテナンスも、レンタル会社が対応しています。また、保険も完備されていることが多く、たとえレンタル期間に故意ではない事故やトラブルにより物品が破損しても、こうした補償によって新たな借り入れを行うことが可能となっています。レンタルの最大のメリットは、必要な時に必要なだけ借り入れが可能というところです。

新品を購入した場合、壊れたりインクリボンなどの備品は自己負担となりますが、レンタルの場合これらすべてが不要となります。また、新たにコピー機を購入する場合は、まとまった資金を要しますが、こうした資金を必要としませんので、コストダウンにつながるというわけです。

進化したコピー機

現代人はコピー機を当たり前のように使用し、使いこなしていますが、コピー機が開発され一般に普及されるまでは、複写を行う行為自体が非常に困難で、仏教の世界では修行の一環として、複写と同じ作業の写経が行われていたほどです。20世紀初頭に発明されたコピー機は様々な進化を遂げ、我々の文化や生活にすでに溶け込んでいるといってもいいでしょう。

PPC複写機複写や転写といった技術は、世界中の技術者の手によって独自に発展していき、写真技術や印刷技術、あるいはプリンター、スキャナー、プリンター、ファクスとさまざまに特化していき、さらに細分化されていきます。そして、現在主流となっているPPC複写機ですが、ジアゾ複写機のように感熱紙を必要とせず、普通紙で印刷できるのが大きなメリットとして挙げられます。また、印刷技術の向上やインクの耐用性の向上もあり、長期保存による劣化が少ないのもPPC複写機が、世界中で広く利用されている要因の一つです。

そして、コピー機の特性として挙げられるのは、拡大縮小による複写技術で、厚紙や両面刷りの原稿なども複写が可能となってきました。そして、コピー機の機転となったのはデジタル技術の向上で、このデジタル技術によってデータを自由に持ち運べるほか、無線LANによりケーブルをつなぐ必要がなく、大量のコピーを可能としたのです。さらにインク技術の向上は、写真のプリントと比較しても劣らなくなり、コピー機による印刷も可能となりました。