コピー機と複合機


本来コピー機とされるものは、複写機能だけを持ち合わせた機器や機械を示すもので、当初はモノクロだけしか複写することはできませんでした。しかし現在、コピー機は様々な進化や発展を遂げ、より高性能になっていたのです。複写技術の向上で、コピーの原本とほとんど変わらない複写技術が可能となり、よりきれいなコピーを可能としました。

コピー機またコピー機は様々な進化を遂げ、複合機として活躍することになります。複合機とは、本来複写機能だけを持つコピー機に対し、そのほかの機能が付与された機器のことを言います。特に企業などの、オフィスで使う種類のコピー機は、複合的な要素の含んだ複合機を使った方が、より効率的に業務が行えるのです。複合機の種類には、メーカーによってさまざまな機種が登場していますが、本来持つコピー機能のほか、プリンター、スキャナ、ファックスなどの機能を持つ場合が多いようです。

現在はデジタル技術の向上によって、ネットワークプリンターとして、社内のパソコンと共有して使用できるメリットも大きく、タッチパネルによる簡易操作で、指先ひとつで拡大縮小を始め、デジタルの強みとして大量の資料を作成できるために世界中で大きく普及してきました。