進化したコピー機


現代人はコピー機を当たり前のように使用し、使いこなしていますが、コピー機が開発され一般に普及されるまでは、複写を行う行為自体が非常に困難で、仏教の世界では修行の一環として、複写と同じ作業の写経が行われていたほどです。20世紀初頭に発明されたコピー機は様々な進化を遂げ、我々の文化や生活にすでに溶け込んでいるといってもいいでしょう。

PPC複写機複写や転写といった技術は、世界中の技術者の手によって独自に発展していき、写真技術や印刷技術、あるいはプリンター、スキャナー、プリンター、ファクスとさまざまに特化していき、さらに細分化されていきます。そして、現在主流となっているPPC複写機ですが、ジアゾ複写機のように感熱紙を必要とせず、普通紙で印刷できるのが大きなメリットとして挙げられます。また、印刷技術の向上やインクの耐用性の向上もあり、長期保存による劣化が少ないのもPPC複写機が、世界中で広く利用されている要因の一つです。

そして、コピー機の特性として挙げられるのは、拡大縮小による複写技術で、厚紙や両面刷りの原稿なども複写が可能となってきました。そして、コピー機の機転となったのはデジタル技術の向上で、このデジタル技術によってデータを自由に持ち運べるほか、無線LANによりケーブルをつなぐ必要がなく、大量のコピーを可能としたのです。さらにインク技術の向上は、写真のプリントと比較しても劣らなくなり、コピー機による印刷も可能となりました。